19セルテートLT5000DXHと21セルテートSW5000XHの比較

スポンサーリンク

どうも~カサゴンです。

今回は、ダイワのセルテートLT5000DXHとセルテートSW5000XHについてご紹介します。

中でもダイワのセルテートシリーズはオススメです。

このセルテートには、LTとSWのシリーズがあります。

どうやって選んだらいいのか迷いますよね。

そこで、主にこの2つを比較します。

リール選びは釣りの楽しさを大きく左右する重要なステップです。

ご検討している方は、購入時の判断材料にしてみてください。

ご自身の釣りスタイルやターゲットに合わせてリールを選ぶことで快適な釣り体験が待っていますよ。

スポンサーリンク

ダイワ セルテートシリーズとは

セルテートは、高い耐久性と精密な造りが特徴のスピニングリールです。

初心者から上級者まで幅広く使えることで知られており、特に海釣りや川釣りなど様々な環境での使用に適してます。

セルテートのリールは軽量でありながらも強度と剛性を兼ね備えており、長時間の使用でも疲れにくい設計となっています。

また、セルテートは様々なサイズが用意されており、釣りたい魚種や釣り場によって選ぶことができます。

ダイワセルテートのドラグシステムにも注目が集まっています。

ATDと呼ばれるこのシステムは、瞬間的な大きな負荷にも滑らかに対応し、魚とのやり取りをよりコントロールしやすくしています。

これは、特に大物を狙う際に重宝される機能です。

LT規格とは

19セルテートより旧規格のリアルフォーから新規格のLTコンセプトに基づいて設計されており、「軽さ」と「頑丈さ」を実現しています。

また、淡水や軽めの塩水釣りに適してます。

セルテートは従来から頑丈さを売りにしたリールで、メタルボデイにより、他のリールに比べ少し重いのがデメリットでした。

このLTコンセプトになり、進化したことで、セルテートのデメリットを解消した形になっております。

リール自体の軽さは釣りを快適に行う為の武器となり、この進化は大きな利点です。

SW規格とは

海水での使用に特化しており、より強力なドラグ力と耐久性を備えていて、大型の海水魚をターゲットにした釣りに最適です。

セルテートLT5000DXHの特徴

軽量でありながらも強度を兼ね備えており、長時間の使用でも疲れにくいという特徴があります。

セルテートLTシリーズで一番大きな番手になります。

ボディサイズが旧規格(リアルフォー)で3500~4000番サイズ相当になります。

巻取り長さが105cmと長く、1回転あたりのリトリーブ(リールを巻いて手前に寄せること、回収する)が多いため、効率的な釣りが可能です。

ギヤ比が6.2で、スムーズな巻き心地です。

自重は295gと軽く、最大ドラグ力は12kgで、中型魚の魚をターゲットにした釣りに適してます。

大容量のラインキャパシティ(PE 2号-300m、PE 3号-200m)を備えており、ライトジギング、キャスティングゲームまで幅広く対応できます。

セルテートSW5000XHの特徴

ソルトウォーターシーンでのパーフォーマンスを追求したモデルで、高剛性と軽快な操作性、そしてパワフルな巻き心地を兼ね備えています。


セルテートSWシリーズで一番小さな番手になります。ボディサイズが旧規格(リアルフォー)で3500~4000番サイズ相当になります。

自重は385gとやや重めですが、最大ドラグ量は15㎏と高く、大型の魚とのファイトに優れてます。

巻取り長さは104㎝で、ギア比は6.2とLT5000DXHと同等のリトリーブ性能をもちます。

大型の青物にも対応できるように、ギヤの素材がG1ジュラルミンを採用しており、LTで採用されている、超々ジュラルミンギヤよりも強度が1.3倍ほどある事で、リールに負荷が掛かり続ける大物とのファイトでも安心して対応できます。

オフショア、ショアで兼用できるリールになります。

仕様と機能の比較

※旧規格(リアルフォー)で3500~4000番の旧モデルを表に載せています。

21セルテートSW5000XH19セルテートLT5000DXH16セルテートHD3500H07セルテート
ハイパーカスタム4000HPE
重量385g295g405g390g
最大ドラグ力15㎏12㎏8㎏8㎏
巻き上げ長104㎝105㎝97㎝91㎝
糸巻量(PE)300m
(PE2.5号)
300m
(PE2.5号)
250m
(PE2.5号)
200m
(PE2号)
ローター素材ZAIONZAIONエアローターエアローター
ギヤG1ジュラルミンギア超々ジュラルミンギアマシンカット
デジギヤⅡ
ハイパーデジギア
ボディ素材フルメタル
モノコックボディ
アルミ合金
モノコックボディ
フルメタル
モノコックボディ
フルメタルボディ
ベアリング数10/110/18/111/1

比較その1(ギアの厚みが違う)

比較その2(ベールのつなぎ目大きさ)

比較その3(ドラグ音の大きさ)

セルテートSW5000XHの方がサーフでの使用時に音が聞き取りやすく感じます。

比較その4(ボディデザイン)

19セルテートLT5000DXHを使用するシチュエーション

軽量で操作性が良く長時間使用する場合や中型魚を狙う釣行に適しています。

シーバス、ライトショアジギングなど

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古/美品】 ダイワ 19 セルテート LT 5000D-XH /F090M
価格:28,000円(税込、送料別) (2024/5/18時点)


21セルテートSW5000XHを使用するシチュエーション

よりパワフルなファイトが求められるシチュエーションや、大型魚との戦いに適してます。

ショアジギング、オフショアジギングなど


まとめ

釣りをする上でリール選びは非常に重要です。

自分の釣りスタイルやターゲットに合わせてリールを選ぶことで、釣りの楽しさも成功率も大きく変わってきます。

皆さんもこれらの情報を参考に、次のリール選びに役立ててください。

それでは、次回の釣行で素晴らしい釣果を得られることを願ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました